橋本病で甲状腺機能低下症とうつ病です。医療従事者から患者になりました。日々を綴るブログです。

今日は大濠花火大会でした。

大濠花火大会とは

福岡の夏の風物詩として、市民には親しまれている西日本大濠花火大会です。今年も8月1日に開催されました。

今年は6000発の花火が打ち上げられたそうです。毎年45万人もの人が楽しむお祭りになっています。

今年は午後8時に始まり、赤や黄色の鮮やかな大輪の花が打ち上げられるたび、集まった約42万人の観衆に歓声と笑顔が広がったそうです。

私は行けませんでしたが、もより駅に浴衣を着た女性やオシャレをした男性が沢山いました。華やかな装いを見ているだけでも、こちらまでウキウキとしました。きっと花火大会を楽しんで来られた事でしょう。

夏と言えば花火大会ですよね

福岡でも、大濠花火大会の他にも続々開催予定されるようです。

夏祭りといえば、いよいよ夏真っ盛りというかんじですね。

 

ところで、打ち上げ花火っていいですよね。

ドーンと、大きく鳴って、ドーンと夜空に花のように花火が広がります。

観衆は、一斉に歓喜の声を上げて楽しむ姿は昔も今も変わらないですね。

実は、打ち上げ花火にはそれぞれ名前があって、全てが同じ打ち上げ花火ではないそうです。

そこに、花火職人の意地や、伝統を守る粋があるのだそうです。

作る時からロマンなんですね・・。

日本の伝統的な打ち上げ花火といえば、さっき書いたようなイメージで。

ドーンと鳴ってパッと花が咲いたような打ち上げ花火です。

あれは、割物花火というのだそうです。丸くて大きな大輪の花が咲く打ち上げ花火の代表格です。

一番よく見るタイプですね。その割物花火にも沢山の種類があるそうです。

30センチ程の尺玉の中に幾重にも芯を入れるとか、様々な細工を施すことで幾重にも見えるような立体的な花火が出来たり、様々な色が出たりするんだおうです。

「菊」や「牡丹」「芯入り菊」という名前があったりするそうです。

パッと開いた大輪の花が尾をひく感じのが「菊」で、あまり尾を引かないのが「牡丹」みたいです。

私は子供の頃はよく花火大会には、出かけて行きました。

夜空にパッと咲く花火はダイナミックで、綺麗で本当に大好きでした。

よく花火大会の最後のほうになると、クライマックスでドンドン!と沢山の打ち上げ花火が打ち上げられて、水上でしかけ花火もあったりして本当に夏の楽しいイベントです。

屋台のお店も、わたあめや、冷たい飲み物、かき氷、金魚すくい、ヨーヨー釣り、焼き物系、お団子系、お面やさんなど、普段は見慣れないお店が出て楽しくなります。

屋台は大体、割高なお値段で飲み物や、食べ物が売ってあるのに、何故か買ってしまう〜というマジックもお祭りならでは、なのでしょうね。

来年は、お祭りにも行けるようになりたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)